あだち・荒川土手に桜を植える会 adachisakura.com

あだち・荒川土手に桜を植える会

第3回総会を開催


第3回総会の模様を報告します。
■総会次第および各号議案はPDFで掲載しています。
 >>>総会次第(PDF 51 KB)

●会員が450名を超えました

 あだち・荒川土手に桜を植える会は、2006年3月26日(日)、千住の「学ピア」で第3回総会を開きました。
 活動も4年目を迎え、会員も450名をこえることができ、「足立・荒川市民会議」に当会の会員が公募委員として参加して、 荒川土手に桜を植えることを提案して正式議題として討議されたことが報告されました。
>>>第1号議案(事業報告)の詳細はこちらをクリック(PDF 289 KB)

●今年の名画鑑賞会は、足立の人には懐かしい「おばけエントツ」の「煙突の見える場所」を上映しました。
 映画会は、総会出席者のほか90名の方に鑑賞していただきました。足立区議会から新井議長はじめ数人の議員がきてくれました。


 見る場所によって4本にも3本にも、あるいは1本にも見えることで有名な"お化け煙突"がある東京の下町・北千住。弘子は、 戦争で行方知れずになってしまった夫との婚姻籍を残しながらも、足袋問屋に勤める隆吉と同棲生活を送っている。そんな2人の 家の前に、ある日赤ん坊が捨てられていた…。 昭和27年に椎名麟三が「文学界」に発表した小説「無邪気な人々」を五所平之助の監督で映画化。舞台を昭和初期の下町に変え、そこに 暮らす人々の哀歓を温かく、ユーモアを交えて描き出し、'53年ベルリン国際映画祭で国際平和賞を受賞 した。当時の庶民生活の様子や 気取りのない人間関係など、高度成長期をむかえる前の古き良き時代を映し出した傑作である。 また、高峰秀子、田中絹代ら日本映画史に残る名優達の味のある演技も大きな見どころとなっている
>>>詳細はこちらをクリック(PDF 19 KB)

●今年度中に五色桜の植樹をめざします

 平成18年度の事業計画(第3号議案)では、

(1)桜植樹計画書(案)検討、植樹コスト再調査(植樹関連一式)
(2)会員向けのイベントを3回、さくら通信を4回発行
(3)中長期的な見通しを持って、会の拡大強化に努める 

 との三大方針が提起されました。
 好評の「荒川土手ウオーキング」や「巡視船による荒川クルージング」などの企画については、今年度も引きつづき実施します。
>>>第3号議案(事業計画)の詳細はこちらをクリック(PDF 66 KB)

●「足立・荒川市民会議」
○5月29日には大勢の理事と一緒に、主として区内の荒川右岸土手を歩き見て回り、桜が植えられそうな場所を検討しました。
その後、現地を植栽の専門家に見て頂き、色々な観点から、柳原地区の土手を植樹候補地としました。
○一方、昨年の3月公募された第5期『足立区あらかわ市民会議』の区民委員(14名)に、幸運にもこの会のメンバ−が3名選ばれました。
今年から私たちの悲願である「荒川土手への桜の植樹」が市民会議のテ−マの一つに取り上げられました。国交省荒川下流河川事務所及び足立区と、まともに協議できる場ができたことは大きな前進と考えます。
>>>「足立・荒川市民会議」報告の詳細はこちらをクリック(pdf 17 KB)

●第4号議案(会則改定および説明)

 
 総会後、同じ建物内にあるレストラン「さくら」で懇親会がおこなわれました。寒中にもかかわらず、桜を咲かせる夢で一同盛り上がりました。

Powered by LITTLE HOUSE(kumami)


トップページへ

●連絡先 〒120-0034 東京都足立区千住3−10  (地図はこちらをクリック
●電話/FAX 03-3881-2587
●電子メール webmaster@adachi21.com
●郵便振替口座 00100-8-573494 加入者名:あだち荒川土手に桜を植える会

Copyright (C) 2002-2005 Adachi Community Forum 21. All Rights Reserved.